庭園マップ

無鄰菴について知るためのキーワード

庭園

 無鄰菴は、明治27年(1894)~29(1896)年に造営された明治・大正時代の政治家山縣有朋の別荘です。無鄰菴は庭園と母屋・洋館・茶室の3つの建物によって構成されており、庭園は施主山縣有朋の指示に基づいて、七代目小川治兵衛により作庭された自然で開放的な空間の庭園として高い評価を受けています。母屋は簡素な木造2階建ての建物で、洋館は新家孝正の設計による煉瓦造り2階建ての建物。茶室は古田織部好みの代表的茶室である、薮内流燕庵を模して作られています。昭和26年(1951年)に国の名勝庭園に指定されています。

 

top-image_07

 

七代目 小川治兵衛

 明治・大正・昭和を代表する作庭家。屋号は「植治」。京都府乙訓郡神足村(現在の長岡京市)の生まれで、明治10年に江戸時代中期から続く植木屋治兵衛の養子になり、七代目小川治兵衛となります。早くに養父を亡くしたために独学で作庭法を学ぶ中、山縣有朋ら明治時代の著名人との出会いから多くのことを学び、新たな作庭観を得ることに成功し、無鄰菴や平安神宮神苑、何有荘庭園(旧「和楽庵」)などにおいて、京都の歴史・文化の蓄積に琵琶湖疎水といった近代的構造を加えることや五感で味わうことの出来る作庭を行うことで、その才能を遺憾なく発揮しました。

 

岡崎地域

 江戸時代末期、京都が政治の舞台となったことで、それまで岡崎地域は田畑の広がる風景でしたが、一変して各地の藩の屋 敷が立ち並ぶ政治の中心地の一つとなりました。しかし明治維新以後、各藩邸はその役割を終えて撤退し、岡崎地域は田畑の広がる風景に戻ることになりまし た。あわせて、東京に首都が移されたことで、天皇の居なくなった京都は衰退の一途をたどります。京都府知事北垣国道は、衰退した京都を復興させるために、 上水道や水力発電による電力供給を目指した琵琶湖疏水計画を立案、岡崎地域の開発に取り組みました。開発された岡崎地域では明治28年(1895)に国内 物産の開発・奨励のための第4回内国勧業博覧会が開催されたことを皮切りに、明治36年(1903)に動物園、明治42年(1909)に府立図書館、昭和 3年(1928)に美術館が設置され、現在の観光・文化のまちとしての発展の基礎が築かれました。

 

山縣有朋

 明治・大正時代の政治家。長州藩(現在の山口県)の下級武士の家に生まれ、吉田松陰の松下村塾に入塾して学び、高杉晋作・木戸孝允・伊藤博文らと親交を結びました。高杉晋作の創設した奇兵隊に参加して頭角をあらわし、のちに奇兵隊の4代目の司令官となり、幕末維新期の騒乱において活躍します。山縣は、明治時代には第3代内閣総理大臣となるという立身出世を成し遂げたため、伊藤博文と並んで明治のサクセス・ストーリーの代表的人物の一人といえます。また山縣は庭園に自然な風景を作ることで心地よい空間を構築するといった、庭園に関する知見も広かったため、無鄰菴の作庭を通じて、七代目小川治兵衛に新たな庭園観のインスピレーションを与えた一人といわれています。

 

 

≫ 無鄰菴についてもっと詳しく知りたい方はこちら