本日開催「庭園を知る日」

 本日、「庭園を知る日」を開催しています。
「庭園を知る日」は、みなさまのご質問に直接庭師がお庭の中でお答えする特別な一日です!

スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

山縣有朋好みのお茶室で気軽なお茶体験

薮内流の燕庵を模したお茶室を使用しての気軽なお抹茶体験です。

普段予約制のお茶室で、学芸員スタッフによるお庭と茶室の解説を聞きながら、お抹茶をお楽しみいただけます。山縣有朋のお気に入りだったバルコニーから、お庭を見ながらお抹茶を味わってみませんか。山縣の愛した雨の景色を楽しむ、梅雨時の新しいお庭の楽しみとして、是非ご利用くださいませ。

 

日程:平成29年6月~7月の毎週火曜日 

①9:00 ②9:30 ③10:00 ④10:30 (各回30分) 

料金:700円(お抹茶付き。別途要入場料)

会場:無鄰菴 茶室

定員:5名程度/回(予約不要・先着順) 

お問い合わせ先:無鄰菴管理事務所 TEL:075-771-3909

 

無鄰菴パートナーズ講座 「能の楽しみを知る」vol.1『能面』

無鄰菴では、庭園文化の楽しみを学ぶ文化パートナーズ事業第2弾として、能楽一家の宇髙姉弟をお招きし、連続講座を開催します。

日本の伝統文化の一つ、能はかつて神社仏閣や権力者の庭で演じられる庭園文化のひとつでした。そんな庭を舞台に発展をしてきた能の楽しみについて、最前線で活躍する能楽師とともに学びます。

能の魅力は、形式がしっかりと決まっているように見えながら、実はその解釈が見る人に委ねられることにあります。

各回能の形式をなす様々な基礎要素をテーマに、実際の面や装束などを手に取りながら、季節に因んだ演目のエピソードを交え、作品の奥にある美に迫ります。能楽師とともに、能の幽玄な世界を堪能しましょう。演目に合わせたお茶菓子とお抹茶付きです。

初回は『能面』をテーマに、様々な面を実際にまとい、微妙な角度によって表現される「表情」と「その魂」を読み解いてみましょう。

 

1 概要

平成29年7月9日(日) 13時~15時

料金:4500円(お抹茶付き。別途要入場料)

会場:無鄰菴 母屋2階

定員:10名(要予約・先着順)

講師:宇高姉弟(宇高景子・宇高徳成)

予約・お問い合わせ先:無鄰菴管理事務所 TEL:075-771-3909

 

2 予約

無鄰菴管理事務所 TEL:075-771-3909

受 付 時 間 午前8時30分~16時30分

 

3 問い合わせ先

〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町31 無鄰菴管理事務所(担当:塩見)

TEL・FAX 075-771-3909  http://murin-an.jp/

 

4 シリーズ詳細:開催詳細は後日チラシや無鄰菴HPにて掲載予定です。

第2回 9月8日(金)『装束』

伝統技術の集大成とも言える西陣織の豪華な舞台装束を見ながら、菊の節句の舞「枕慈童」を例に、能独特の装いの世界、装束に表現される役柄について学びます。

 

第3回 11月11日(土)『謡』

能楽師と共に、山縣有朋が残した石碑を元に無鄰菴オリジナルの謡を作り、幽玄の世界の表現に挑戦します。

 

第4回 平成30年1月5日(金)『舞台』

新春の無鄰菴を舞台に「翁」の謡「神歌(かみうた)」を観賞。能楽師と庭園を周りながら、能舞台に残る日本庭園の要素を見いだし、その原点に迫ります。

 

第5回 平成30年3月3日(土)『囃子』

独特の音階と阿吽の呼吸で能舞台の神聖さを演出する囃子方はもう一人の演者です。実際に楽器を手にとり、繊細な造りや音を感じながら、その仕事に迫ります。

 

第6回 平成30年5月5日(土)『舞』

厳格な型の連続で織り成される舞は、美しさと神聖さの集大成。扇子の動きなど細やかな所作に込められた意味を能楽師から学び、総合芸術としての能の表現に挑戦します

 

無鄰菴パートナーズ制度とは?

無鄰菴に心を動かされた若手芸術家や表現者と無鄰菴スタッフが手をとりあって、庭園文化の面白みを皆さまにお伝えする制度です。庭園は、人が集いアクティブに利活用することで真の姿を見せてくれると私たちは信じています。みなさま、お一人お一人のご参加が庭園文化を育む一歩となります。ぜひお気軽にお運びくださいませ。

 

無鄰菴パートナーズ講座 「日本茶を知る」vol.2『和紅茶』

独自の視点で日本茶を研究してきたベルギー出身の遠州流茶道師範のティアス宗筅先生とともに、お茶の世界について知る連続シリーズの第2回です。今回のテーマは、最近注目の『和紅茶』です。

日本が初めて紅茶を輸入したのは明治20年。当時の人々のヨーロッパへの憧れから、紅茶は茶の湯に匹敵する舶来文化として上流階級に受け入れられていました。無鄰菴が造営される明治29年ごろには国内生産は本格化し、日本は紅茶の輸出国にも。時が経ち戦後、海外の高級ブランド紅茶を輸入し楽しむことが一般的となりましたが、その間、国内の和紅茶は日本の気候風土に馴染み独自の発展を遂げてきました。

「うまみが強い」「香りが甘い」という特徴を持った和紅茶を、今回はティアス氏自身が目利きした茶葉で飲み比べて、その歴史や深みを読み解いていきます。合わせて、自宅で出来る美味しい和紅茶の淹れ方や、暑い夏にぴったりの水出し和紅茶の淹れ方もご紹介します。初夏の風に包まれる無鄰菴で心豊かな午後のひとときを、京都のお茶の通と過ごしませんか?

 

1  概要

平成29年7月2日(日) 13時~15時(予定) 延長の可能性あり

料金:6500円(別途要入場料)

会場:無鄰菴 茶室・母屋2階

定員:10名(要予約・先着順)

  *参加料につきましては、事前のお支払をお願いいたします。振込先をご予約時にお知らせいたします。

  *開催一週間前以降のキャンセルについては全額のキャンセル料を頂戴いたします。

講師:ハーブレヒツ 淡月庵 ティアス宗筅 Tyas Sōsen

ベルギーのルーヴェン大学日本学科を卒業。 関西大学大学院文学研究科総合人文学専攻国文学専修を修了。外国人として最年少の遠州流茶道師範。ベルギー人として初めての日本茶インストラクター。国内外の門下生に茶道を教え、日本茶・日本茶文化を原点から捉え、伝統的な姿を解き明かすため、様々な催し物を開催している

 

2 予約

無鄰菴管理事務所 TEL:075-771-3909

受 付 時 間 午前8時30分~16時30分

 

3 問い合わせ先

〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町31 無鄰菴管理事務所(担当:塩見)

TEL・FAX 075-771-3909  http://murin-an.jp/

 

4 シリーズ詳細:開催詳細は後日チラシや無鄰菴HPにて掲載予定です。

第3回 9月3日 『番茶』-お茶のローカルチャー番茶は地域性の宝庫。お茶を通して人々の営みを知る。

第4回11月5日 『抹茶』-11月は茶人の正月。抹茶の新茶を味わいつつ「伝統」を問い直す。

第5回 1月7日 『有機茶』-緑茶の未来像はここにある。そして100年前の味もここにある。茶の本質を知る最終回。

 

 

無鄰菴パートナーズ制度とは?

無鄰菴に心を動かされた若手芸術家や表現者と無鄰菴スタッフが手をとりあって、庭園文化の面白みを皆さまにお伝えする制度です。庭園は、人が集いアクティブに利活用することで真の姿を見せてくれると私たちは信じています。みなさま、お一人お一人のご参加が庭園文化を育む一歩となります。ぜひお気軽にお運びくださいませ。

 

季節のしつらえと限定茶菓子席

無鄰菴では、四季折々の「しつらえ」でお客様をお迎えさせていただいております。5月20日の二十四節気「小満」には、季節の花のしつらえを母屋にてお楽しみいただけます。また、この日に合わせた限定のお茶菓子もご用意し、皆様のお越しをお待ちしております。尚、こちらのお茶菓子は無くなり次第終了です。ご了承下さいませ。
  

1. 日時             5月20日(土)

2. 料金             限定40席 1000円(入場料別・予約不要)

3. 問い合わせ先  〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町31 無鄰菴管理事務所

                          Tel・Fax 075-771-3909  http://murin-an.jp/

 

Murinan has been welcoming you with seasonal decoration that represents beauty of each season of Japan. 20th of May is the day of “Shoman”, literally small full meaning the season when everything starts to go well thanks to the fine weather, according to “24 Sekki” (24 terms used to denote the changing of the seasons). On 20th of May, we welcome you with special Japanese confectionary with tea and room decoration specialized for the day of Shoman. Please be noted that the special confectionary with tea is limited and will be service on first-come first-served basis.

1.Date: 20th of May (Sat)

2.Price: 1,000 yen, limited to 40 seats. (Entrance fee is not included)

3.Contact: MURIN-AN Administrative Office

                          31 Kusakawa-cho, Nanzenji, Sakyo-ku, Kyoto 606-8437

                          TEL & FAX: +81-75-771-3909

 

 

青楓茶会 ―あおかえでちゃかいー

新緑の美しい頃にあわせて、お茶会を開催します。

趣向を凝らした季節のしつらえや美しい茶道具、美味しい和菓子のほか、普段は立ち入れない茶室の見学、青もみじを見下ろす二階座敷でのお点前など、他では味わえない贅沢な時間をお過ごしください。庭師および庭園コンシェルジェによる茶室とお庭の解説も行います。

初心者の方も大歓迎ですので、お気軽にご参加ください。

 

1.開催日時 平成29年5月28日(日)

①10:00~②11:00~③12:00~④13:00~⑤14:00~⑥15:00~ 

                               ※各回40分程度

2. 料金   3000円(入場料別途要)

3. 会場   無鄰菴 茶室および母屋2階 

4. 定員   各回10名

5. 庭園解説  阪上富男(植禰加藤造園株式会社 庭師)

6. 予約   植彌加藤造園文化サービス室

Email : moc.l1495742609iamg@1495742609ecivr1495742609es.ak1495742609nub.a1495742609yeu1495742609 FAX:075-752-0154

※ご希望の時間(第一希望/第二希望)、参加人数、御氏名、御連絡先をお知らせください。 

担当者より折り返し御連絡を差し上げます。

※お電話でのお問い合わせは 070-1301-6694(平日9時-17時)まで。 

文化財講座 技術編 第3回

 

無鄰菴の建築を例として、近代和風建築の保存・修繕に関する基礎知識を学ぶ連続講座です。
第3回目は、「無鄰菴にみる「左官」の技術」と題して、無鄰菴建築に見る京都の職人技として「左官」を紹介します。近代和風建築に欠かすことの出来ない左官の技法や茶室・数奇屋の壁について、無鄰菴の建築物を巡りながらお話します。ひとつの技に注目して、そこから時代を読み解く面白みを是非本物と向き合って味わってください。
初心者の方やこれまでの回を受講されていない方でもお気軽にご参加いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師: 

菅澤茂 工学院大学建築学部建築デザイン学科客員研究員

環境文化保存計画・菅澤一級建築士事務所 主宰。国内外の修復事業にも携わるほか、「京の職人塾」や「ヘリテージマネージャー」養成のコーディネーター、NHK講座の講師としても活躍中。

ゲストスピーカー:

浅原雄三 (株式会社しっくい浅原 会長)
1948年三重県生まれ。地元で左官職人として修行した後に京都の社寺を専門とする左官店に弟子入り、多くの文化財現場でさらに腕を磨き、1990年に「しっくい浅原」として独立。西本願寺、万福寺、京都御所、桂離宮など京都府内の国宝重要文化財の壁修復を手がけ、さらに全国の茶室の新築工事やデザイナーの求めに応じて商業空間、住宅などにおいても豊富な経験に基づいた工夫を凝らした左官壁を手がけている。文化財壁保存会副会長。左官業組合の役員。28年11月黄綬褒章。

1 概要:

⑴ 開 催 日  平成29年5月20日(土)

⑵ 開催時間  13時~15時

⑶ 定  員  20名。要予約。

⑷ 料  金  3,000円(要別途入場料)

⑸ 主  催  植彌加藤造園株式会社(無鄰菴指定管理者)

2 応募・受付

⑴ 応    募  電話・窓口にて受付。先着順。

⑶ 受 付 時 間 午前8時30分~16時30分

3 問い合わせ先

〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町31 無鄰菴管理事務所(担当:重岡)

TEL・FAX 075-771-3909  http://murin-an.jp/

文化財講座 技術編 第3回 ちらし

  • «
  • 1
  • »