日本語EnglishChinese

HOME > イベント一覧

通年講座全5回 | パートナーズ講座 | 能2018.7.28

通年講座全5回予約受付中|宇高姉弟の能講座

*只今通年予約受付中です。

5回連続申込23,000円、(単回申込5000円は6/23より受付開始)

5回連続受講された方には最後に修了証を授与します。

舞や衣装、そしてお囃子と、能は日本の総合芸術です。そんな能を今回は演目ジャンルごとに学んでいきましょう。

能には主人公の属性に応じて大きく5つのジャンルがあります。それを五番立といい、これらの理解が、能という芸能の理解への近道でもあります。

解説は無鄰菴パートナー講師宇高姉弟。現代へとその技をつなぐ金剛流シテ方能楽師の一家でもあります。

時にその場でダイナミックな実演を交えて立体的に能の世界をお伝えします。庭園の中の数寄屋建築でご一緒に学びましょう。

(注)シテ=主人公のこと。あるいは主人公を演じる者のこと。

 

開催概要

  1. 開 催 日  全5回 土曜日 
  2. 開催時間  14:00-16:00
  3. 料 金   5000円 5回連続申込23,000円、(単回申込5000円は6/23より受付開始)
  4. 会 場   無鄰菴 母屋2階
  5. 定 員   20名(要予約・先着順)

お申し込みはこちら

通年の予定は以下のとおりです。

① 7/28(土)【脇能】=高砂、淡路、絵馬=
神をシテとする演目で、太平の世を寿ぐお目出度い内容が多いもの。五番立では最初に演じられます。(五番立すべての前に「翁」があります。)
② 9/29(土)【修羅能】=八島、田村、平家、老三人=
武士がシテとな理、修羅道に落ちて苦しむさまを描きます。勝修羅と負修羅があり、双方の演目をひいてご説明します。
③ 11/24(土)【鬘(かずら)能】=羽衣、井筒、杜若(かきつばた)、葵上=
貴族や優美なものがシテとなる演目。源氏物語や伊勢物語に出典を求めるものが多いのも特徴。
④ 1/19(土)【雑能】=安宅、放下僧、隅田川、猩々、枕児童=
いろいろな種類の演目が集まってできたジャンル。現在物と呼ばれる現実の人物を主人公とするものや、狂女物、唐物など幅が広い面白さがある。
⑤ 3/23(土)【切能】=融、紅葉狩、土蜘蛛、羅生門、石橋=
鬼や天狗をシテとする演目。動きが激しく囃子には太鼓が入り、テンポも早いものが多い。にぎやかで壮快なところも楽しい。