日本語EnglishChinese

「イエス、能。」(2021年6月)

2021年6月17日(木)15:00-16:00

ご来園の方に驚きと能の魅力をお伝えする「イエス、能。」イベント。
テーマは、初夏 能の世界の中の「田植えの季節」。無鄰菴庭園内にて実演を行い、その様子をお送りします。

能の世界の中の「田植えの季節」をテーマに初夏について描かれた飛鳥川(あすかがわ)が演目でした。
【都に住む少年友若は、母親を見失い、途方に暮れていた。見かねた者が少年を伴って、三吉野へ母親と再会出来るよう、大和路を通って三吉野へ行き、参籠して祈願をし、また大和路を京都へ向かって帰ってきた。大和川の支流の一つ、飛鳥川を歩いて渡ろうとすると、河畔で田植えをしていた五月女が、この辺りは深いから、上の瀬を渡るように注意してくれる。昨日往路に渡ったところだったので、一晩で渡瀬が変わったことに不審を感じた。五月女達は、「世の中は何か常なる飛鳥川昨日の淵は今日の瀬となる」と云う古歌を引いて、山川なるが故に、夜の間の雨で水嵩が増し、流れ州となって渡瀬が変わる由来を教えてくれた。話をする内に、この五月女が友若の母親であることが判明した。お互いに再会を喜び合い、連れ立って京都へ帰って行った。】このストーリーを舞によって実演していただきました。
金剛流シテ方能楽師の宇髙竜成氏によるこちらのイベントは定期的に開催しています。目印は、無鄰菴の入口に掲がる暖簾です。その日、お庭のどこかでランダムに披露をしています。

今回の動画はこちらからご覧いただけます!

event-20210617 イエス、能 第3回

第3回 テーマ:初夏 能の世界の中の「田植えの季節」 演目=「飛鳥川(あすかがわ)」の動画

新緑の庭園を背景に、和の素晴らしさと幽玄な能の響き両方を身近に感じていただける機会です。
ぜひこのチャンスをお見逃しなく。

「イエス、能。」について、くわしくはこちらから

無鄰菴トップページに戻る

庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

登録する

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭園施設のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。