日本語EnglishChinese

さらさら通信

さらさらとは。無鄰菴の施主 山縣有朋が詠んだ歌「さらくと木がくれつたひゆく水の流れの末に魚のとぶみゆ」にちなんでいます。
無鄰菴を途切れることなく流れるせせらぎのように、ここでの出会いが庭園を未来に育む流れとなりますように、名づけました。

2018年 2-3月号

2018年 2-3月号かつてこの無鄰菴を建てた山縣有朋は「苔の青みたる中に名もしらぬ草の花の咲出たるもめつらし」と詠みました。言ってしまえば雑草とも呼べる野の花を、摘み取ることなくその自然の有り様のまま有朋が愛でていたことが園内の石碑の言葉から読み取れます。無鄰菴ではそれに基づき、主に庭園の中央の芝地の中で野花を味わえるように約50種類を育成管理しています。寒さ真っ盛りの時期から3月まで、庭師が手でひとつひとつ残すべき芽とそうでないものをより分けていきます。気の遠くなる仕事ですが、ゴールデンウィークの頃には写真のような情景が現れます。春まだ浅いこの時期には満開の花を想って、芝地で黙々と仕事をする姿が見えることでしょう。

庭師のまなざし

2018年 2-3月号明治のお庭の大きな特徴は「流れ」があることです。どの象徴的な水の使い方に加え、まるで小川のように豊かなせせらぎを響かせる流れ。無鄰菴の庭ではどこにいても水音が心地よく響いてきます。また、音にはいろいろな表情があります。母屋の中から聞く音と、庭の中に立って聞く音では趣が全く異なります。それもすべて意識的に配置された瀬落ちのなせる技。サウンドデザインがされているのです。そんな流れには鳥や魚が集ってきます。池底の掃除も楽しくなる季節です。

さらさら通信 2018年 2-3月号(PDF)

2017-2018年 12-1月号

2017-2018年 12-1月号京都のお正月の風物詩、「根引きの松」を今年も準備しています。門松は全国的に見かけますが、京都では根がついたままの稚松ごと、門や玄関に飾ります。無鄰菴ではチケットカウンターの横の母屋の玄関に、和紙を巻いて水引をつけて飾っています。根が付いているので健やかに成長し続ける年を願ってのものだとか。また、その松を依代(よりしろ)に神様が降りてきて幸福を授けてくださるものとも考えられています。常緑樹であり永遠の象徴として庭に使われることもある松。
その語源は一説によると神さまを祀るの「マツ」だとも言われるほど。人の営みの中ではぐくまれてきた植物への眼差しを知るほどに楽しくなるお庭です。冬も見所満載の無鄰菴で、ゆっくりとお正月を味わってみてはいかがでしょうか?
10分間のガイドも無料でさしあげています。あらたな冬を楽しみに、お気軽にお越しください。

心新たに、新年のお点前体験はいかがですか? 庭園の中にあるお茶室でお点前を体験をどうぞ。お茶とお庭は密接な関係にあります。無鄰菴の茶室は流れのそばに佇んでいます。目には見えねど、茶室の中にはせせらぎが常に聞こえてお点前の時間を静寂の中に引き立てます。外に広がる庭園に出ればまた、一つ深みを増した見方ができることでしょう。詳しくはこちら。

庭師のまなざし

2017-2018年 12-1月号庭師のまなざし冬の空気の中、近代日本庭園の傑作 無鄰菴も、根引きの松(表紙)の他にもそこかしこで心あらたにお正月を迎える準備をします。
年の瀬になると、無鄰菴の庭師はとったばかりの青竹で、竹垣や結界などを作り取り替えます。
お茶の世界でも新しい青竹は大切なお客様その人をお迎えするときに「あなたのために」との心の表現方法として使用されます。お庭に訪れる新春を、みなさまとご一緒にお迎えする準備を整えています。ぜひお庭で清々しい青竹の気持ち良さを味わってください。

さらさら通信 2017-2018年 12-1月号(PDF)

2017年 10-11月号

2017年 10-11月号無鄰菴は国の名勝に指定された近代日本庭園を代表するお庭です。
明治29年に元勲 山縣有朋が東山を主山に、当時できたばかりの琵琶湖疏水を引き入れた庭園の基本構想を七代目小川治兵衛に伝え造営しました。
そんな無鄰菴のお庭は、有朋の作庭意図にのっとった保存管理指針のもとに修復や修理が行われています。今回ご紹介するのは、園路の修復です。
歩むごとに景色をかえる無鄰菴のお庭の奥の方、もみじの林に池につづく一本の小径があります。
ここは今まで封鎖され歩くことができませんでしたが、今回の修復で池際まで下りていけるようになりました。
園路の先まで歩いてみれば、庭園の大切な要素がいくつも目に入ってきます。紅葉の季節、もみじにかこまれた新しい景色がまたひとつ、よみがえりました。

庭師のまなざし

2017年 10-11月号庭師のとっておきの紅葉の見方。
そんなことを聞いたら、きっと秋がもっと楽しくなるでしょう。
無鄰菴の母屋から芝地に向かって伸びる園路。その沢とびを越えたあたりにちょっと脇に入る小さな小径があります。通りかかったら奥まで歩んでみてください。そこから庭園の一番むこうの滝をながめると、随分と奥行きを感じる景色が広がります。奥行きの秘密は、滝の前に紅葉が何重にもかさなって枝を伸ばしているから。空間的な奥行きのみならず、幾多の過ぎ去った紅葉の季節という時間の奥行きさえも感じられます。その景色は、一つ一つの枝が景色の中で持つ役割をしっかりとわきまえているからこそ、演出できているのです。これぞ庭師の技。他にも気づけば、手前に紅葉などの枝を配することで、奥行きを感じさせる空間構成がいくつもみられます。これは実は無鄰菴に限らず、日本庭園の庭木を扱う大切な手法のひとつなんです。
秋の日のお庭散策で、ちょっと気にしてみてください。庭園を訪れる楽しみが、また一つ増えました。

さらさら通信 2017年 10-11月号(PDF)

さらさら通信バックナンバー

さらさら通信 2018 2-3月号 さらさら通信 2017・2018 12-1月号 サラサラ通信 2017年 10-11月号 さらさら通信 2017年 8-9月号 さらさら通信 2017年 6-7月号 さらさら通信 2017年 4-5月号