日本語EnglishChinese

フォスタリングレポート

野鳥 アトリ
発行日:2021/2/11

アトリの群れがやってきました。

どこからともなく気まぐれにやってくるアトリは観察していると庭園内の芝地や苔の上に落ちたもみじの種を求めて飛来している様子です。地域によっては3,000~10,000羽を超える大群集となって移動をする野鳥のため、「集まる鳥」ということから転じてアトリという由来があります。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
もみじ 雨庭 冬
発行日:2021/2/9

雨降り時の冬もみじ姿

雨の1滴は植物たちにとって貴重な水分補給となります。もみじにたくさん降り注いだ雨の一部は枝葉に着水し、そのまま下方へと流れていきます。そして枝先に到着した時、流れ込んでくる水量によってまるでガラス玉を散りばめたかのような自然の芸術作品が出来上がります。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野鳥 ルリビタキ 冬季限定
発行日:2021/2/7

冬の鮮やかな野鳥(ルリビタキ)

今年もこの時期にカワセミに引けを取らない水色の羽色いを持ったルリビタキのオスの訪れがございました。性質上、薄暗いところがお好みで、園内では表庭とメインの庭園内の2か所にて確認ができました。水色の羽色になるまでは巣立ってから2年かかります。綺麗な色彩のオスへと変化するためには厳しい冬の寒さを一度経験しなければなりません。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野鳥 ヒヨドリ マンリョウ採食
発行日:2021/2/5

マンリョウの実を啄ばむヒヨドリ

もみじ林の林床にはマンリョウの赤い結実がございます。人目を気にしながら隙をみて1つまた1つと啄ばんでいきます。人の気配がなくなればゆっくりと食事をしている様ですが、マンリョウは野鳥の体内を通過して硬い種が地面に戻った時に発芽できますので、ヒヨドリは好都合な種の運び屋となっています。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野鳥 メジロ クチナシ採食
発行日:2021/2/3

メジロの食事タイム

庭園内のクチナシが朱色になるとメジロやヒヨドリたちが飛来し、厳しい冬を乗り超えるため採食を始めました。野鳥たちも熟す時期待っていたのでしょう。表庭のクチナシでもその姿を見かけるようになりました。器用に果実の膨らんだ部分に穴を空けて、柔らかい部分のみを食していきます。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野花 アセビ
発行日:2021/2/1

アセビのつぼみが膨らんできました

庭園内のアセビのつぼみが膨らんできました。2月の下旬から開花がはじまり、壺型の白色の花が垂れ下がるように咲くようになります。植栽や花の盆栽などでにも使われる植物ですが、手入れをしなければ約4mの高さまで成長する植物です。庭園内では背丈が高くなりすぎないように定期的にお手入れをしていきます。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野花 ヤブコウジ
発行日:2021/1/29

ヤブコウジ(十両)の結実

楠大樹の根元にはヤブコウジの群落がございます。赤い実が紅茶色に変化した葉の間から垣間見れますが、野鳥たちにとって餌の少なくなるこの冬の時期には貴重な食べ物となっているようです。昨年の同じ時期に比べると、今年は葉色が綺麗に色付をしてくれました。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
剪定 苔手入れ
発行日:2021/1/27

苔のお手入れ

もみじ林内は苔がたくさん生育していますが、枯葉などで太陽からの光が遮られると、その部分は枯れてしまいます。常に手帚の先端部分で苔を傷つけないよう、そっと払うように表面を掻き上げるように掃除を行います。この時期、苔の種類によっては胞子をつけているものもご覧いただけます。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野鳥ツグミ
発行日:2021/1/22

シベリアから飛来する野鳥―ツグミ

寒い時期に冬鳥としてやってくるツグミは開放感ある地上でよく見かけられます。雨が降って地面が柔らかい時、地中にいるコガネムシの幼虫やミミズなどをクチバシで穴を掘りながら採食します。春にはまた北を目指して渡りをしますが、しばらく庭園内の芝地や苔の絨毯は、ツグミたちによる掘削作業が続きそうです。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
選定 ヒムロスギ
発行日:2021/1/20

ヒムロスギの剪定

無鄰菴表門に1本のヒムロスギがあります。昨年剪定した箇所の周囲から生育した枝葉を透かして主幹まで日が差し込むよう、そして全体的に丸みを帯びるようにお手入れを行いました。途中、雨天時もありましたが2日かけてバランスを整えながら仕上がりました。ヒムロスギの独特の灰色の葉は硬そうに見えますが、スギの針葉より柔らかくモコモコとした感触です。しかし針葉は鋏に馴染みにくいため、剪定後は鋏のお手入れも大切な作業として欠かせないものとなります。

無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
1 2 3 4 5 11
庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

登録する

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭師のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。