日本語EnglishChinese

イベントレポート

「イエス、能。」8回目

10月26日(月)、ご来園の方に驚きと能の魅力をお伝えする「イエス、能。」イベントを開催いたしました。

第8回目のテーマは「重陽の頃」。旧暦の重陽の節句は10月25日でした。暦にぴったりな演目「猩々(しょうじょう)」と「通小町(かよいこまち)」を、宇髙竜成さまが威風堂々、演じてくださいました。今回は、久しぶりにお座敷でのサプライズ上演で始まりました。突然始まった謡に、びっくりされるお客様の姿も。演目の解説をはさみ、2曲目「通小町」は、お庭で演じてくださいました。ちょうど陽が傾く時間と重なりました。山縣有朋公が好んだ秋の無鄰菴、「秋は夕陽のはなやかにさして・・・」とは、この日のお庭の姿だったかもしれません。

金剛流シテ方能楽師の宇髙竜成さまによるこちらのイベントは定期的に開催しています。目印は、無鄰菴の入口に掲がる暖簾です。その日、お庭のどこかでランダムに披露をしています。

和の素晴らしさと幽玄な能の響き両方を身近に感じていただける機会です。ぜひこのチャンスをお見逃しなく。
「イエス、能。」について、くわしくはこちらから

イエス能2020年10月

イエス能2020年10月

イエス能2020年9月

イエス能2020年9月

Read More
event-20201017スタディーズ

庭師と学ぶフォスタリング・スタディーズ第4シリーズ (全6回) 第4回:苔のお手入れ

2020年10月17日(土)14:00-16:00

庭師と学ぶフォスタリング・スタディーズ第4シリーズの4回目は、無鄰菴担当庭師である出口健太 氏と一緒に苔のお手入れを行いました。その模様をお伝えします。

event-20201017スタディーズ

event-20201017スタディーズ

イベントの様子

今回のテーマは苔のお手入れ。まず、担当庭師から苔の生態や苔張り、秋のお庭のお手入れ内容の説明がありました。あいにくの天候でしたが、ご参加の皆様は土壌が目立つ所に苔の柔らかさを体感しながら、楽しく作業をして頂きました。 

event-20201017スタディーズ

室内での苔の特徴を学ぶ様子

event-20201017スタディーズ

苔張りの様子

11月下旬には、紅葉と皆さまの張って頂いた苔たちの緑がお庭のメインになることでしょう。本日はご参加ありがとうございました! 

event-20201017スタディーズ

本日イベント担当の庭師さん

Read More

「イエス、能。」7回目

9月28日(月)、ご来園の方に驚きと能の魅力をお伝えする「イエス、能。」イベントを開催いたしました。

第7回目のテーマは「仲秋」。秋の訪れを肌で感じる季節にふさわしい「松虫(まつむし)」と「融(とおる)」を、宇髙竜成さまが演じてくださいました。今回は、お庭の中でも演じていただき、ご来場者には、母屋からではなく園路の中ほど、明るい芝生のあたりでゆったりとご覧いただくイベントとなりました。

金剛流シテ方能楽師の宇髙竜成さまによるこちらのイベントは定期的に開催しています。目印は、無鄰菴の入口に掲がる暖簾です。その日、お庭のどこかでランダムに披露をしています。

和の素晴らしさと幽玄な能の響き両方を身近に感じていただける機会です。ぜひこのチャンスをお見逃しなく。
「イエス、能。」について、くわしくはこちらから

イエス能2020年9月

イエス能2020年9月

Read More
20200911茶道教室

無鄰菴茶道教室が9月から再開致しました。

9月となり、夏の暑さも和らいできた頃、「無鄰菴茶道教室」を再開いたしました。
9月のお教室の一部をご紹介させていただきます。

20200911茶道教室

母屋の2階、お茶室とそれぞれ各部屋でのお稽古の様子です。無鄰菴のお稽古では「サロン」「茶道教室」の2コースがあり、体験でお越しの方や、茶道の基本をご希望の方は、「サロン」のコースで学んでいただきます。講師の指導の下、お稽古が進んでいきました。

20200911茶道教室

20200911茶道教室

9月の「茶道教室」コースは立礼棚を使用してのお稽古。一人ずつ講師の手ほどきを受けている間、その様子をご覧いただき、次のご自身の番に備えてそのしぐさを学びます。数か月ぶりのお稽古ですが、ご自宅でもお稽古をされている振る舞いのご様子でした。

20200911茶道教室

20200911茶道教室

20200911茶道教室

「サロン」のコースではお茶を点てるお稽古を。茶筅の持つ位置の細やかな指導や袱紗捌きのお伝えもあり、姿勢を意識しながらの動作に少しづつ慣れていただきました。

20200911茶道教室

20200911茶道教室

今回9月の無鄰菴茶道教室は1つ1つの基本の動作や姿勢を改めて見つめなおす良い機会となりました。お稽古の後、お庭を巡って季節の移り変わりを楽しんで野花を愛でられる方々もおられました。

◆10月にまた皆さまのご活動をレポートいたします。無鄰菴茶道教室にご興味がございましたら「サロン」コースにてご予約承っております。詳しくは下記をご覧ください。

20200911茶道教室

無鄰菴茶道教室の詳細はコチラ

無鄰菴のトップページに戻る

           

Read More
子ども茶会2020

無鄰菴茶会 旧暦五節句シリーズ 七夕の節句 夏休み自由研究対応! 本格子ども茶会

8月8日、22日、29日の各土曜日に夏休み企画として「無鄰菴茶会 旧暦五節句シリーズ 七夕の節句 夏休み自由研究対応! 本格子ども茶会」を開催致しました。表千家 亭主 妹背 宗佳 氏のもと、茶道の解説や旧暦と新暦の違い、七夕についてのお話があり、皆さまメモを取られていました。後半はお茶会を体験していただき、お子様の点てたお抹茶をお父様、お母様に楽しんで頂きました。

Read More
苔庭づくり 大学コンソーシアム京都

苔庭づくり体験イベントを開催致しました。

8月28日の午前中、大学コンソーシアム京都の皆さまへ苔庭づくり体験のイベントを開催致しました。

Read More
イエス能2020年8月

「イエス、能。」6回目

8月31日(月)、ご来園の方に驚きと能の魅力をお伝えする「イエス、能。」イベントを開催いたしました。

第6回目のテーマは「納涼の能」。夏季という事もあり、幽玄の内容で演目の鵜飼(うかい)と鉄輪(かなわ)を宇髙竜成さまによる演じを間近でお楽しみいただきました。後半は夕暮れとともに虹が差しかかり、自然が壮大な舞台となる幻想的な開催イベントとなりました。

金剛流シテ方能楽師の宇髙竜成さまによるこちらのイベントは定期的に開催しています。目印は、無鄰菴の入口に掲がる暖簾です。その日、お庭のどこかでランダムに披露をしています。

和の素晴らしさと幽玄な能の響き両方を身近に感じていただける機会です。ぜひこのチャンスをお見逃しなく。
「イエス、能。」について、くわしくはこちらから

イエス能2020年8月

イエス能2020年8月

Read More
event-20200822スタディーズ

庭師と学ぶフォスタリング・スタディーズ第4シリーズ (全6回) 第3回:流れのお手入れ

2020年8月22日(土)14:00-16:00

庭師と学ぶフォスタリング・スタディーズ第4シリーズの3回目は流れのお手入れを無鄰菴担当庭師である出口健太 氏と一緒にお庭のお手入れを行いました。

室内では流れのお手入れに使う道具の紹介があり、手ぼうきや石を磨くための道具の紹介と使用方法の解説をお聞きいただきました。

event-20200822スタディーズ

室内での解説中

お庭に出て実習を開始!いつものくぐり戸からお庭へと進みます!皆さまいろいろとお話をされながら現場へと足を運ばれました。

event-20200822スタディーズ

夏のお庭の手入れへ出発

三段の滝が良く見えるように、そして茂りすぎないようにお手入れをしている様子の説明もあり、木々の細やかな選定次第で近くでの滝の情景と、視点場や遠目からの水の情景の違いが顕著に出ることが知ることができました。
浅く広がるせせらぎに見える水の流れは爽快な空気を運びます。

event-20200822スタディーズ

視点場からの滝の景観のお手入れ解説の様子

event-20200822スタディーズ

視点場から望んだ景観の様子

根茎で拡がったセキショウの取り除き作業ではぐっと力を入れないと引き取れない感じです。お手入れ中はこの周辺にはセキショウの香りに包まれていました。

event-20200822スタディーズ

セキショウの引き抜き作業の様子

沢飛び石の流れの緩やかな場所では落ち葉などが溜まりやすい場所。石磨きを行い、ヒメセキショウの外縁の枯れ草などを除去し、この場所の水底をきれいにすることで、水鏡となる水面が映えるようになります。担当庭師からの解説もございました。

event-20200822スタディーズ

沢飛び石付近のお手入れの様子

event-20200822スタディーズ

沢飛び石付からの景観の解説

州浜付近でのお手入れでは、大きな石の隙間に入り込んだ野花の取り除く作業や藻の除去、そして泥土の除去などを行いました。泥土は全て取り除くのではなく、ある程度残しておくことも、お手入れの中では重要となります。

event-20200822スタディーズ

州浜周辺でのお手入れの様子

流れの中には腐葉となるものを食べる生きもの、そしてそれらを食べる生き物などが存在するため、彼らの食料や隠れ家などを必要最低限残す必要があります。
そうした生き物の反映により、様々な生き物が庭園内に見られ、四季折々の生き物たちの憩いの場となり、景観も変化していきます。

昆虫 ハグロトンボ

ハグロトンボ

本日は真夏の日差しが降り注ぐ中、ご参加いただいた皆さまありがとうございました。軽やかな流れのお庭が皆さまの手によりふたたび引き立つようになりました。

event-20200822スタディーズ

本日イベント担当の庭師さん

Read More
イエス能2020年7月

「イエス、能。」5回目

7月27日(月)、ご来園の方に驚きと能の魅力をお伝えする「イエス、能。」イベントを開催いたしました。第5回目のテーマは「七夕まであとひと月」でした。 能の世界の中の「旧暦七夕」をテーマに砧(きぬた)と呉服(くれは)がお題目でした。金剛流シテ方能楽師の宇髙竜成さまによるこちらのイベントは定期的に開催しています。目印は、無鄰菴の入口に掲がる暖簾です。その日、お庭のどこかでランダムに披露をしています。

ご参加いただいた方からは、「短い時間でしたが、能に興味を持ちました。自由に観劇出来るようになったら、さっそく能を観に行きたいと思います」「能を初めて観ましたが、お庭の雰囲気とあいまって素晴らしい体験でした」とのお声をいただきました。

梅雨時期から真夏へと移行する庭の景色の中、和の素晴らしさと幽玄な能の響き両方を身近に感じていただける機会です。ぜひこのチャンスをお見逃しなく。
「イエス、能。」について、くわしくはこちらから

イエス能2020年7月

Read More
20200728庭の日

毎月28日は35歳以下は入場無料です!

7月28日(火)の「庭の日」には、無鄰菴の公式HPやTwitter、FACEBOOKをご覧になられてのご来場もあり、時おり小雨が降りそそぐ無鄰菴庭園を楽しんでいただきました。6月に比べて梅雨入りさなかのお庭は湿度が高く苔たちは柔らかな膨らみを保った景観をお楽しみいただける一日でした。次回は8月28日(金)を予定しています。

\庭園メンバーズ、募集してます!/
名勝 無鄰菴をはじめ、岩倉具視幽棲旧宅、世界遺産・高山寺、大阪・慶沢園など、日本庭園ファンのみなさまへ向けた最新情報やイベント情報をお知らせする『庭園ニュースレター』を月2回お届けします。登録・購読は無料。ともに庭に集い、庭園文化をはぐくみませんか?詳しくはこちらから。
https://murin-an.jp/members/

Read More
1 2 3
庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

登録する

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭師のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。