日本語EnglishChinese

「イエス、能。」(2021年12月)

2021年12月22日(水)15:00-16:00

無鄰菴パートナー講師、金剛流シテ方能楽師の宇髙竜成さんとともに、ご来園場の方に無鄰菴の景色の美と能の魅力をお伝えする「イエス、能。」イベント。
12月開催の演目は仕舞「邯鄲(かんたん)」。褐色に変化した芝地にて能の舞をお届けしました。

仕舞「邯鄲(かんたん)」のあらすじ

【仙人が持っていたとされる「邯鄲の枕」という不思議な枕で夢の世界に入り込んだ青年・盧生(ろせい)は五十年の間、王位につく栄華の夢をまるで現実の様に体験します。その中で盧生は不思議な光景を目の当たりにします。
一夜が明け、日が登ったと思ったら月が空に煌々と輝く。春の花が咲いたら紅葉が色づき、夏かと思えば雪が降る。いつの間にか春夏秋冬の萬木千草が一度に花を咲かせる。面白いなぁ、不思議だなぁと思っているうちに盧生は夢から覚めます。五十年かと思ったその夢は、粟飯が炊き上がるわずかの時間のうたた寝に過ぎませんでした。】

「イエス、能。」は毎月1回開催しています。
公式SNSにて次回実施日をお知らせいたします。
その日、お庭のどこかでお能がはじまるライブ感をぜひお楽しみください!

今回の動画はこちらからご覧いただけます!

event-20211112イエス、能 第9回

第9回 テーマ:四季折節の庭 演目=仕舞「邯鄲(かんたん)」の動画

夕刻の明暗を背景に楽しめる舞でした。ぜひこのチャンスをお見逃しなく。

「イエス、能。」について、くわしくはこちらから

無鄰菴トップページに戻る

庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

登録する

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭園施設のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。