日本語EnglishChinese

2018年 4-5月号

2018年 4-5月号の朝の庭園に、柄杓とバケツを持ったスタッフがひとり、あちこちと忙しそうに歩き回っています。何をしているのですか?「手水鉢の水をとりかえています。毎朝やることで藻が生えたり虫がわいたりすることを防ぎます。それから、表玄関や飛び石に打ち水をしています。」打ち水とは、掃除の後のホコリを洗い流すためでもあり、お客様をお迎えするための準備が整っていますよというサインでもあります。
朝一番、やはり水を打った軒先はピシッとしまって背筋が伸びます。一日のはじまり。南禅寺界隈はあちらこちらで打ち水の光景が見られます。

庭師のまなざし

2018年 4-5月号玄関に新しい板石をはる工事を行いました。ぴったりと美しくはまるように石を加工するのも庭師のしごと。しかし、この技術なかなか難しいのです。
道具だけでもこんなにたくさん。それを的確に選んで狙った通りの方向に石を割れるようになるまでには時間がかかります。先輩から若手へ、道具の使い方を一つ一つ見せながら、こうして技をつないでいきます。足元にはられた石をみたら、それを行った人がいることを想像してみてください。そこには必ず隠された意図やユーモアが見えてきます。読み解いていくのが、また楽しみになりました。

さらさら通信 2018年 4-5月号(PDF)