日本語EnglishChinese

2019年 6-7月号

2019年 6-7月号
庭師のまなざし
春から夏への変化は、庭にいると、スピードとして感じます。突然の景色の変化はもとより、樹木や草木が一刻一刻動いていることを仕事中に感じます。春先の常緑の高木からの落葉がひと段落すると、低木が元気に枝を伸ばし始めます。庭の中の低木は音楽でいうと通奏低音のような役割を果たしていると思います。それ自体をじっと見るわけではありませんが、ないと景色が締まらない。そんな低木は、景色のポイントとなる景石とのバランスをよく考えて高さを決めます。一気に刈り込みバサミで形を整えるのではなく。ひと枝ごとに石との関係を考えてハサミを入れます。園路の近くのサツキツツジなど、ゆっくりご覧いただければ嬉しいです。

さらさら通信 2019年 6-7月号(PDF)

庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭師のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。