日本語EnglishChinese

エルマガジン社「ひとりで歩く京都本」に取り上げられました。

無鄰菴

エルマガジン社より『ひとりで歩く京都本』に名勝無鄰菴が取り上げられました。江戸から明治への大きな変革の時代に、政治家山縣有朋が、従来の日本庭園に自然主義的な庭園観を取り入れて「新たなる美意識」を生み出した庭として無鄰菴が紹介されました。