日本語EnglishChinese

無鄰菴茶道教室

茶道教室

無鄰菴茶道教室


母屋2階にて、お稽古の様子です。茶釜から柄杓で湯をくみ取る手は優雅さが感じられます。先生から柄杓のお話として、「出雲大社の爪剥祭(つまむぎさい)で神水献供で使われる特別な柄杓は、瓢箪を半切して麻の柄を使用しています。瓢箪のような空洞になったものは、霊魂を宿し、祓禳(ふつじょう)避邪の呪力があると昔から信じられているそうです。」というのがありました。お道具1つ1つ興味深いお話、ありがとうございました。また、参加された方からは、「手の動きに集中しすぎると流れるような動作がなかなか難しいと感じました。」とお声をいただきました。

初めての方も、お庭を散策に来られた方も、毎週土曜日、お気軽に体験出来ます。無鄰菴お立ち寄りの際の+αを記念にどうぞ。

無鄰菴茶道教室

It is a state of a lesson on the second floor of the main building.
The elegance is felt in the hand that take off the hot water with a ladle from a tea kettle. As a story of a ladle from Ogihara teacher, “A special ladle used in Shinto donation at Izumo Taisha’s festival (Tsumamugi) is made from half cutting gourd and hemp. ” “The hollowing gourds are believed to have a spiritual strength since ancient times.” Thank you for us to talking short story of each tool. Participants said that if they concentrate too much on the movement of hands it would be difficult to make a flowing movement.

The Murinan Tea ceremony is held every Saturday. Come around when you visit Murinan, luckily there is no reservation required!

茶道教室茶道教室茶道教室