日本語EnglishChinese

キンモクセイとギンモクセイ

野花

お庭内でキンモクセイ(橙色)とギンモクセイ(白色)が今年も開花しました。花開く頃、甘い香りが風にのって8畳の間に漂っています。
その昔、中国から雄株だけ持ち込まれたため、咲いている花は結実しないのです。また、開花以外の時期での判別は、葉っぱの縁のギザギザが顕著であれば「ギンモクセイ」でございます。
無鄰菴の両種はまだ樹幹が細いですが、樹皮が動物のサイ(犀)の足に似ているため、木犀(もくせい)と名付けられた植物です。

Gold Osmanthus and Silver Osmanthus
Once again, this year there is gold (orange) and silver (white) osmanthuses blooming in Murin-an’s garden. When they are in bloom, their sweet scent is carried by the wind inside the main house’s 8-tatami mat room.
Because long ago only males of this plant were brought to Japan from China, their flowers bear no fruit. When they aren’t flowering, you can tell them apart by finding the jagged leaf edges of the Silver Osmanthus.
The trunks of both varieties of this plant in Murin-an are still thin, but because their bark looks like a rhinoceros leg, in Japanese they are known as “wooden rhinos” (mokusei).

野花野花野花

野花野花野花

庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

登録する

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭園施設のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。