日本語EnglishChinese

ミャンマーからの留学生が徳地直子教授のもと、庭園について学ばれました。

京都大学フィールド科学教育研究センター

京都大学フィールド科学教育研究センターの、京都大学Wild and Wise 共学教育受け入れプログラム事業(SDGsへ向けた森林と人間の共生:奥山・里山の暮らしと木から生まれる文化)・森里海連環学教育研究ユニットの共催によって、ミャンマーからの留学生が徳地直子教授のもと、庭園について学ばれました。
植彌加藤造園社長加藤友規も 「文化財庭園の良き保存と良き活用 〜 名勝無鄰庵庭園の事例 〜 」 をテーマに解説を行い、庭園をご案内いたしました。

Students from the Kyoto University Field Science Education and Research Center’s Wild & Wise Collaborative Learning Program (SDGs for Forest-Human Coexistence) and students studying abroad from Myanmar came to Murin-an with Professor Naoko Tokuchi to learn about gardens.

Ueyakato Landscape president Tomoki Kato gave a lecture on “Good Preservation and Active Utilization of a Cultural Property Garden: The Case of Murin-an: Nationally Registered Place of Scenic Beauty.” He then provided a tour of the garden. These students visiting from Myanmar, who are studying forestry at home, were particularly impressed by the many years of restorative pruning we have performed at Murin-an.

京都大学フィールド科学教育研究センター京都大学フィールド科学教育研究センター

庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭師のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。