日本語EnglishChinese

母屋について

母屋について
母屋は簡素な木造平屋の桟瓦葺(一部は二階建、銅板葺)の建物です。
明治28年(1895)に建築され、明治31年(1898)および大正期に改造されています。
1階には次の間付10畳の客座敷と次の間付8畳の座敷があり、それぞれ「会室の間」「居間兼客座敷」と呼ばれていました。]山縣有朋は、別荘の主体は庭園としており、座敷から庭を鑑賞することに重点を置いていたため、簡素な造りになっています。

母屋・茶室貸切のご利用についてはこちら

庭について洋館について母屋について茶室について治兵衛・有朋について無鄰菴の表記について