日本語EnglishChinese

さらさらとは。無鄰菴の施主 山縣有朋が詠んだ歌「さらくと木がくれつたひゆく水の流れの末に魚のとぶみゆ」にちなんでいます。
無鄰菴を途切れることなく流れるせせらぎのように、ここでの出会いが庭園を未来に育む流れとなりますように、名づけました。

2019年 4-5月号

庭師のまなざし

さあ、春です。
庭も動き始めます。今年も元気に芝が育つ時期になりました。
無鄰菴の芝は野芝と高麗芝で、西洋の年中青い種類と違い、いずれも冬になると茶色くなります。無鄰菴の景色の代表でもある芝地は、春の2週間程度の間にあっという間に青々とした姿になり、ダイナミックな季節の変化が感じられます。
4月の後半からはその中に、ヒナギキョウなどの野花が咲きゴールデンウィークに最盛期を迎えます。
冬の間の管理に、春になった庭が応えてくれるようで、その姿は美しさひとしおです。

さらさら通信 2019年 4-5月号(PDF)

1 2 3 4 5 6 7 8 15

上演としてのお茶 喫茶去

さらさら通信MINI 2019年 4-5月号

喫茶去(キッサコ)=お茶をのむ、という意味。お茶という液体を物理的に飲み込むことではない。
茶に集中し、その場に流れる時間と空間は、「今」であると認識しなおし、目の前の相手の存在を十全に受け入れること。相手がどのようにしてここにきた誰であれ。
すると、茶の時間への扉が開き、上演がはじまる。この考えのもと、無鄰菴ではお茶をお出ししています。
いくつかのパターンがあるのでお好きに楽しんで。ちなみに喫茶去は禅語。深すぎてここでは話せないから興味ある方はご自分でお調べになって。

◇喫茶去1「カフェ」:

庭に180度開けた空間でコーヒー、お抹茶、お菓子など。景色の変化のただなかで対話を楽しんで。

◇喫茶去2「在釜」:

毎週火曜午前中はお点前差し上げます。飛入りでどうぞ。

◇喫茶去3「茶会」:

端午の節句の茶会は5月12日。七夕夜茶会、初釜も企画中。亭主と客の茶室での向き合い。お茶ってこれか、を体験できます。

 ●日時:5月12日(日)①10時〜②11時〜③13時〜④14時〜⑤15時〜●要予約●料金:3500円
 ●定員:各回6名
 〔連続講座〕茶の湯講座全4回〈第1回〉「茶室」なんでそんなにお茶なのよ。お茶の何がそんなに面白いんだ。だってただのお茶でしょう?…来ればわかる。茶は文学、茶はダンス、茶は造形。今こそ茶の宇宙を知れ!●日時:5月19日(日)/14時~15時30分
 ●要予約●料金:3000円
 ●講師:千葉宗幸(裏千家)
 ◇第2回以降の予定:②8月18日(日) 「道具」、③11月24日(日)「茶庭」、 ④2020年2月2日(日) 「茶花」

1 2 3 4

さらさら通信バックナンバー

さらさら通信 2017年 4-5月号 さらさら通信 2017年 6-7月号 さらさら通信 2017年 8-9月号 サラサラ通信 2017年 10-11月号 さらさら通信 2017・2018 12-1月号 さらさら通信 2018 2-3月号 さらさら通信2018年 6-7月号 さらさら通信8−9月号 さらさら通信10月11月号 2018年 12月 2019年 1月号 さらさら通信2019年2月3月号 さらさら通信4-5月 サラサラ通信MINI 2019年4-5月号 サラサラ通信MINI2019年6-7月号 サラサラ通信2019年6-7月号 サラサラ通信MINI 2019年8-9月号 サラサラ通信2019年8-9月号 サラサラ通信2019年10-11月号 サラサラ通信MINI 2019年10-11月号
庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭師のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。