日本語EnglishChinese

フォスタリングレポート

野花オオモミジ
発行日:2020/6/14

イロハモミジとオオモミジの種子

遠目で見ると違う種類のモミジも同じに見えてしまいます。特徴的な手のひらの形でももみじの種類の違いを判別することが出来ますが、困難な場合もございます。庭園内に生育しているモミジは現在、種子を付けているため、その成り方で識別ができます。枝に対して下向きに種子が付いているものがオオハモミジ、上向きについているものがイロハモミジとなっています。表の門をくぐって目前にはイロハモミジがお出迎えをして、10畳間と8畳間の間にはオオモミジが生育しています。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
雨庭 雨雫
発行日:2020/6/13

小雨降る無鄰菴庭園

梅雨入りとなり小雨が降り注ぐ早朝、水面に放たれる波紋が重なり、波打った模様をたくさん見せてくれました。一滴から生まれる輪の模様が重なるごとにさざ波と変化し、静かな流れの表面に雨が描く作品が次々と繰り出されていました。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
庭 雨庭
発行日:2020/6/12

静寂な雰囲気を創り出す雨の庭

雨の日は独特な雰囲気が味わえ、晴れの日のお庭とは違う楽しみがございます。雨の日の庭園の魅力とは?

Read More
昆虫アブラゼミ幼虫
発行日:2020/6/11

目覚めたアブラゼミの幼虫

アブラゼミの幼虫が地中から這い出してきました。母屋8畳間のオオモミジの根元付近の地面から前足で土を掘り起こして出て来る瞬間を見つけました。まだ目が白いので本来ならまだ土の中にいるはずですが、雨の翌日、温かい日が続いていたので自分の目覚まし時計の時間を早めて出てきたような感じでした。地面下で養分を取る時間がまだ必要なため、天敵に狙われないように穴に戻してそっと土をかぶせておきました。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野花オトギリソウ
発行日:2020/6/10

オトギリソウの開花

春に3cm程度であったオトギリソウの青々とした茎がぐんぐん伸び、約40cmに生育しました。先端に黄色の花をつけて皆さまを出迎えてくれます。母屋10畳間前の沢飛び石やもみじ林の水面に通じる園路の先にて開花の姿が見られますが、一日で花は閉じてしまうため、別の日に同じ場所で花が咲いているのは、以前つぼみだったものが開花したものでございます。オトギリソウは花弁や葉裏に黒い斑紋(油点)があるのが特徴です。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野花クチナシ
発行日:2020/6/6

クチナシの花が開花しました

庭園の三段の滝前のクチナシの樹が大きなつぼみを膨らませていましたが、昨日、白い花を沢山開花させてくれました。まもなく梅雨入りとなり、かすかに甘いクチナシの甘い香りが楽しめるようになります。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
昆虫ゲンジボタル
発行日:2020/6/5

ホタルの季節

ホタルの舞う季節となりました。無鄰菴庭園内では日没後、しばらくするとモミジの葉上などで光りながら飛翔をするようようになりましたが、日中は葉っぱの裏側などで休んでいます。園路を巡る際、庭木の葉裏を意識してみていただくと、ゲンジボタルの姿を発見することもございます。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野花ハナショウブ
発行日:2020/6/4

ハナショウブが満開になりました

ハナショウブが満開になりました。今年5月31日の朝に1輪咲き、その花を合図に一斉に開花が始まりました。流れに一差しの藍色が母屋8畳間、10畳間からも御覧いただけます。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野鳥アオサギ
発行日:2020/5/31

アオサギの庭園利用

庭園内の流れに飛来する一番大きな野鳥はアオサギです。浅い水底にはヌマムツやヌマエビが活動をしているため、それらを食べにやってきます。長い首を伸ばしては1匹ずつ捕獲し、しばらくすると飛翔移動していきます。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
野花ヒナギキョウ
発行日:2020/5/30

芝生に咲いている小さな野花

庭園内の芝生エリアの園路を歩く際に足元を注意してみると、ヒナギキョウが咲いています。とても小さいので見過ごしてしまいがちですが、5枚の花弁を広げて1本につき1つの花がついています。。花の形がキキョウ(桔梗)に似ていて、サイズが小さいことから(雛桔梗)と名付けられた植物でございます。

第10回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、2020年5月22日(金)より予約制にて開場いたしました(19日(火)よりホームページにて予約受付を開始)。
無鄰菴について詳しくはこちらから

Read More
1 2 3 4 5 6 8
庭をはぐくむ公式メールマガジン 庭園メールニュース

登録する

お出かけに役立つお庭の最新情報、イベント情報、庭師のコラムなど、お届け!特別イベントにもご招待。